授業の受け方とノートの取り方

学校の授業の受け方とノートの取り方はどのようにしていますか?
これから高校受験に臨む中学生なら、学校の授業は集中して、先生が黒板に書かなかった内容も大まかにでも良いので書き留める習慣をつけると良いですね。

 

 

というのも、一見他愛もない話に聞こえる内容でも、思い出す時の助けになることが多いからです。
そして、授業で大事なところは暗記してしまうくらいで集中して受けることが大切です。

 

 

また、塾に通っていれば、学校で授業内容をあらかじめ予習出来ている場合も多いですが、塾に通っていないようなら、教科書を予習しておくようにしましょう。
読むのはもちろんですが、準拠問題集を行い、答え合わせをしておけば分からない部分が前もってわかるので、授業に臨む際に集中力がさらにつきますよね。

 

 

ノートは、授業用、間違い直し用、暗記用の3種類のノートを用意し、ノートの取り方は後で読み返して分かるように、可能な限り綺麗に書きましょう。
そいて、間違えた問題を、間違い直しノートに解き直すことが、定期テストの点数アップに直結してきます。

 

 

見落としなどのケアレスミスをなくすには、問題を解いた後に見直す習慣をつけるのはもちろんですが、間違った問題を解き直す習慣を身につけるのが一番です
そうすれば、問題を解くスピードも上がり、定期テストで解く時間が短縮に繋がるので、間違い直し用のノートを作るのは不可欠です。

 

 

授業の暗記は、手が覚えるくらい頭に叩き込むのが目的なので、ノートでなくても、チラシの裏側などの紙切れでも構いませ。
ただ、高校入試に備えての暗記は、合格するための命綱とも言える重要なものですので、あえてノートをしっかり作っておくことをお勧めします。

 

 

暗記用以外のノートは、後で見直す際に分かりやすいように余白などを多めにして、日付や教科書のページ、問題番号などを書き込んでおくと良いでしょう。
いずれにしても、家での学習習慣と正しい勉強法が身につかない限り、お子さんの成績は、なかなか上がらないでしょう。

 

 

高校受験&定期テスト高得点マニュアル

自信を持って志望校入試に臨むことが出来るようになれます。

 

サクラサク高校受験勉強法の詳細を見てみる