公立高校入試に合格する為に外せないポイント

公立高校入試に合格する為には絶対に外せないポイントがあるのをご存じですか?
そもそも中学校の授業は教科書、学校で配布されるプリント、副教材によって進められることから、これらを完全に習得しなければいけません。

 

 

何故なら、公立高校の入試問題の元になる出どころは教科書からなので、入試対策に直結する勉強と言えるからです。
ですが、多くの人は参考書や問題集などの多くのものに手をつけ、かえって必要のないところまで勉強するなど遠回りして、結果を出せないでいるのです。

 

 

お母さんやお父さんも、我が子の為に本屋で参考書や問題集を購入したこともある方も多いでしょう。
ですが、大事なのは、教科書に沿った良質の問題集を使うことです。
しかし、大型書店に行けば、その数の多さに圧倒され、この中から良いものを選ぶだけでも一苦労ですよね。

 

 

そして、学校の授業で使われる教科書やプリントなどの教材を理解し、暗記しましょう。
特に暗記することはとても重要です。
試験直前に多くの人はまとめて暗記しようとしますが、後回しにすればそれだけ大変になってきますし、日々の習慣を身につけていないと実力もついてきません。

 

 

実力がついて理解したかどうかは、考えることが中心になると思われがちですが、そのさいたる教科の数学でさえ公式や解法の手順を暗記していないと問題を解くことが出来ないのです。
だからこそ、試験前に一夜漬けの詰め込み勉強をするのではなく、毎日の勉強を定期テスト対策に直結する勉強に変えていくことが、受験対策にもなるのです。

 

 

そして、努力をすれば成績が上がることが実感できるからこそ、子供はやる気を持って、継続的に取り組めるのです。

 

この坂本七郎先生のサクラサク高校受験勉強法は、各教科の単元ごとに、押さえておきたいポイントや勉強のコツ、定期テスト対策の進め方、具体的なおすすめ問題集などについて分かりやすく解説しています。

 

短期間で成績があがる得点に直結する勉強法をお教えします!

 

サクラサク高校受験勉強法の詳細を見てみる