定期テスト対策

学校での定期テスト対策はどのようにしていますか?
基本は復習することですが、日頃の授業に集中する為には、ある程度は予習を進めていくべきでしょう。

 

 

塾などに通っているなら、その予習で足りるでしょうが、そうでないなら学校の教科書に準ずる問題集で、次に習う単元をやっておくことで、授業で習うところがより分かりやすくなってくるので、学校での授業が分かりにくいと言う人は尚のこと、予習をしておくことが大切です。

 

 

そして、定期テスト対策は、やるべき ことが多くてどれから手をつけてよいのか分からず迷ってしまうという人もいますが、2週間前になったら、学校のワークはもちろん、プリント、授業で使っているノートを完全に暗記するように徹底しましょう。

 

 

そもそもやるべきが多いと言う人に限って、定期テスト対策を始めるのが遅いんですね。学校での試験範囲やプリントなども追加されることもあるるので、余裕を持って焦らずに定期テスト対策をするには、2週間前から暗記し始めるのが一番でしょう。

 

 

そして、教科書にある問題や、先生が試験に出ると言った箇所は、漏れがないように出来るように心がけて下さい。
定期テスト対策は、難しい問題集をやりそれを解けるようになる必要はありません。

 

 

学校のワークやプリントなどを軽く見ないで、、定期テストに関わる教材に集中しましょう。
また、定期テストだけではなく、小テストなどがあれば、それらも全力で取り組んで下さい。

 

 

学校での小テスト、定期テストなどでしっかり実力をつけて、最終ゴールである高校入試を突破するのです。
いずれにしても、中学校での点数や成績をアップすることは、過去の成績にこれっぽっちも関係しないので、公立中学の生徒なら、誰でも成績をアップすることは十分に出来るのです。

 

 

全国3000人以上の中学生が短期間で成績を上げてきた方法

中間・期末テスト、入試対策もこれ1つでOK!

 

サクラサク高校受験勉強法の詳細を見てみる