数学の勉強の仕方

高校受験の数学の勉強の仕方はどのように行っていますか?
まず、知っておいて欲しいのは数学の「定期テスト対策」は日常学習で9割決まるとも言え、普段の家庭での学習が何より大切になります。

 

 

ですが、学校の授業を受け、自宅に帰って復習をするとき、まず何から勉強をすべきか、どこまでやっておけば安心かと不安に思う事もあるでしょう。

 

 

その為、定期前の勉強に仕方としては、学校ワークを試験範囲までやり、解答合わせして、解説などを読んでも分からない時は学校の先生や友達に聞きます。

 

 

間違った学校ワークの問題を解き直し、試験範囲の問題を自分でテストをし、それを繰り返し、試験範囲を完全にしておきます。
また、学校で配布されたプリント、教科書のその章にあるまとめ問題も解いて完全にしておきましょう。

 

 

更に、実際の定期テストや高校受験の入試では、問題で何を求めているのかを示す文章にアンダーラインを引くことを習慣にすれば、問題の解答のケアレスミスも防ぐことも出来ます。

 

 

数学も、他の教科と同様に学校ワークと教科書の太字の言葉もよく出題されるので、暗記も必要不可欠です。
何より、定期テストの数学は、頭の良し悪しが問われる問題が出るのではなく、どれだけ暗記できるかが重要で、即答できないようなら、理解していないのと同じです。

 

 

その為、自分で何度も小テストをしましょう。
ただ、、分からない問題に時間をかけないようにし、5分考えても分からなければ解答の解説などを読み、解答の仕方や解き方の手順を覚えてしまいましょう。

 

 

普段の勉強は、学校ワークを授業に合わせて進め、解答合わせをして、間違った問題を解き直します。
また、その日の授業で進んだところは、その日のうちに暗記すると良いですね。
更に、教科書準拠問題集をやり、解答合わせをして間違った問題を解き直して完全に身につけましょう。

 

 

なお、中学生の8割は数学の基礎でつまずいているとも言われていますが、正しい順番・手順で勉強していけば、おのずと成績が上がる教科です。

 

 

この坂本七郎先生のサクラサク高校受験勉強法では、お子さんの数学の指針となる学習プランが分かり、数学の遅れをいっきに取り戻す事が出来ます。

また、解説が詳しく丁寧で、良問ぞろい、しかも使いやすい問題集を使った勉強法も紹介してあるので、迷うことなく勉強をはじめることができ、「数学の成績がなかなか上がらない」「さっぱり分からない」というお子さんでも、どんどん成績を上げることが出来るでしょう。

 

数学の受験対策。効率よく成績を伸ばすなら、この問題集を使え。

“4ステップ英語勉強法” なら偏差値65以上も可能です。

 

サクラサク高校受験勉強法の詳細を見てみる