国語の勉強方法

国語はセンスや経験がものをいう教科だと思っていませんか?
本を読むのが嫌いで読海力がないなど、国語を苦手な教科としている人も少なくないでしょう。

 

 

そんな高校受験や定期テストの国語の勉強は読解力に加え、暗記しているかどうかにかかっています。
暗記する教科ではいないと思っている人もいるでしょうが、実力をつけるには国語でも欠かせません。
その為、学校ワークを試験範囲まで行い、解答合わせをして隅々まで暗記しましょう。

 

 

そして、国語の勉強方法で重要となってくるのが、学校の授業用ノートです。
書きこんだものは全て覚えるつもりで暗記して下さい。
更に、学校から配布されるプリントも自分で小テストを繰り返して覚えましょう。

 

 

また、漢字ドリルのようなものもあるかと思いますので、その中から多い時で30点分くらい出る時もあるので、正しく書けるように、小テスト繰り返し、漢字で満点が取れるのが当たり前になるくらいにしておきましょう。
漢字は読解力と無関係と思われがちですが、大いに関係しているのです。

 

 

できれば、普段から新聞を読むのを習慣にして活字に慣れておくようにすると良いですね。
また、英検などと同様に定期テストがない時などに、漢検を受験してもるのもいい経験になります。3級以上になると、高校によっては推薦選抜の得点の加算条件になるところもあります。

 

 

どちらにしても、高校受験や定期テストの国語の勉強は、読解問題の 解き方を知るだけで、点が伸びる子はかなりいます。
また、古文・漢文・国文法は毎年必ず出題される分野ですが、この分野のポイントは基礎を理解した上での、良質な問題演習でしょう。

 

 

この坂本七郎先生のサクラサク高校受験勉強法では、50個の漢字をわずか15分で覚える方法や、読解問題の解き方を学ぶのに最適な問題集が紹介してあり、中間・期末テストで90点をとる、模試で偏差値65をとるための勉強方法をおすすめの市販問題集とその使い方をていねいに解説してあるので、国語が苦手としている人は必見でしょう。

 

「読解問題の解き方」を学べば、短期間で成績は伸びる。

 

サクラサク高校受験勉強法の詳細を見てみる