定期テスト前の理科の勉強法

理科の定期テスト前の勉強法はどのようにやればいいのか、お悩みではありませんか?
中学生で理科が苦手というお子さんも少なくありませんね。

 

 

また、範囲が広いといこともあり受験の勉強の仕方が分からないということもあるでしょう。
理科は社会と同じように、学校でのプリントが大切になりますが、もちろん、教科書やそれについている資料などからもテストに出題されます。

 

 

まずは学校ワークを試験範囲まで進め、答え合わせをします
その際には、記述問題も暗記して、自分で小テストを繰り返し行ってしっかり暗記します。プリントも同様に暗記し完璧に覚えるようにしておきます。

 

 

更に教科書の図や写真、その説明文も暗記します。
そして、理科は、普段から授業を全て暗記する気持ちで臨みましょう。特に実験や観察は、中間や期末などの定期テスト、更には高校受験の入試でも出題されやすいからです。

 

 

学校ワークや配布されるプリント、授業用ノートはその日のうちに出来れば暗記しておくと良いですね。
その上で教科書準拠問題集を解いて、答え合わせをして間違った問題を解き直して、完全にマスターしましょう。

 

 

なお、これまで理科の計算分野は、分からなかったら塾や学校の先生に頼るしかありませんでした。しかし、今では誰でも自力で克服するための市販教材があります。

 

 

この坂本七郎先生のサクラサク高校受験勉強法では、理科の計算分野の苦手克服に最適な教材とその使い方が分かります。

しかも週に一度、土日を使って学校の授業内容をある方法で復習し、春休み、夏休み、冬休みで一気に受験レベルの学力を身につける勉強方法や視覚で覚える2分野暗記法を紹介してあるので、苦手の方でも今からでも十分に挽回することが出来るでしょう。

 

定期テストで90点を取り、偏差値65を超える理科の勉強法をお教えします!

 

サクラサク高校受験勉強法の詳細を見てみる