中学定期テストの社会の勉強法

中学の定期テストでの社会の勉強法はどのように行っていますか?
そもそも社会は中学校での授業用ノートはもちろんですが、プリントも大切になります。

 

 

というのも、確実といっていいくらいテストに出るからです。
特に社会という科目は、学校の先生が時間をかけてプリント作られることが多いので、そこからの問題を定期テストに出題されることがそれだけ増えるので、学校ワーク同様、完全に出来るようにしておく必要があります。

 

 

ですので、社会の定期テストの勉強方法としては、学校ワークを試験範囲まで進め、答え合わせをします。
そして、暗記していくのですが、記述式の問題がページの下にあるものも、しっかり覚えるようにしましょう。
こうした全体で10問くらいある既述問題は、公立高校入試の練習にもなるでしょう。

 

 

教科書に写真などに併せて説明があるので、これもしっかり確認しておくと良いですね。
また、新聞などのニュース記事などをチエックして、最近起きたことなど押さえておきましょう。先生によっては時事問題を出題することも多いからです。

 

 

更に、高校入試でもそうですが、用語や人名などは漢字で書かないと点数にならないこともあるので要注意でしょう。
いずれにしても社会は、授業内で全て暗記する気持ちで受けることが大切です。
普段の勉強も、学校ワーク、配布されたプリント、授業用ノートは出来れば、その日の内に暗記しておきたいところです。

 

 

なお、暗記が苦手なお子さんも少なくないものですが、その理由のひとつにそのことをしっかり理解していないということがあります。
特にながら暗記をする子供も多くみられますが、成績を上げることが難しくなるのでやめた方が良いでしょう。

 

 

この坂本七郎先生のサクラサク高校受験勉強法では、「なぜ?」を起点に、覚えづらい社会用語をスラスラ覚える方法を具体例を挙げながらくわしく紹介してあります。

また、社会は、因果関係を見つけながら学習していくことがポイントなのですが、そのすべてを一人で行うことはなかなか出来ません。
そこで社会の因果関係や「なぜ?」の部分を網羅したある問題集が紹介してあるので、これ一冊があれば、社会の勉強時間を大きく減らすことが出来るでしょう。

 

定期テストで90点を取り、偏差値65を超える社会の勉強法をお教えします!

おすすめ問題集も一挙公開。これで定期テストも受験も大丈夫!

 

サクラサク高校受験勉強法の詳細を見てみる